ホルモン剤は生理に影響する?

ホルモン剤は女性の身体に大きく影響する?生理への影響も多い? - 更年期障害のホルモン剤治療

更年期障害のホルモン剤治療

閉経が近づく、または閉経後に現れる女性のさまざまな不快な症状、更年期障害。原因はエストロゲンという女性ホルモンが減少することにあると言われています。症状緩和のために行われる治療にホルモン治療があります。更年期障害のホルモン治療とはどんなものなのでしょうか。

ホルモン補充治療

効果が高く、早く改善するということで行われるのがホルモン補充治療です。減少したエストロゲンを補充する治療のことです。エストロゲンが減少することで、身体の中のホルモンのバランスは大幅に崩れてしまいます。そのホルモンの崩れが原因で、のぼせやほてり、発汗、動機や息切れ、ひどい場合は肩こりや頭痛を引き起こし、通常の生活を送ることも困難なほど重症な方もいらっしゃいます。エストロゲンを飲み薬などで補充することで、ホルモンのバランスと整え、不快な症状が緩和する、といった治療です。エストロゲンを補充する治療の場合、子宮への影響が出ることがあります。その場合はプロゲステロンも一緒に投与することになります。飲むだけや貼るだけ、塗るだけで行える治療なので、治療の負担が軽いため、多く選択されている治療方法です。

気になる副作用は

多くの方が体験するのが不正出血です。閉経したはずなのに、まるで生理のような出血が起こる場合もあります。特に心配のいらない出血のことが多いですが、心配な場合は薬の量を減らすなどの措置がとられることもありますので、まずは医師に相談することをおすすめします。他には下腹部がはったり乳房がはるといった症状が出ることがあります。また子宮がんのリスクが高まる心配があるため、エストロゲンと一緒にプロゲステロンも処方されます。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »