ホルモン剤は生理に影響する?

ホルモン剤は女性の身体に大きく影響する?生理への影響も多い? - ホルモン剤とアンチエイジング

ホルモン剤とアンチエイジング

女性を女性らしくしてくれる、女性ホルモン。では女性ホルモンを投与すれば女性らしくいられるのでしょうか?またホルモン剤を使用することはアンチエイジングにつながるのでしょうか?いつまでも若々しくいたい女性にとっては気になる疑問ですが、本当のところはどうなのかを調べてみました。

エストロゲンで女性らしくいられる?

女性ホルモンを大きく二つに分けると「プロゲステロン」と「エストロゲン」との二つに分けることができます。プロゲステロンは黄体ホルモンといわれるホルモンで、生理前に分泌されるホルモンです。女性でしたら生理前の状態は覚えがあると思いますが、お肌の状態は不安定になり、普段はあまり肌荒れしない方でもニキビができたり、シミなどもできやすくなる時期です。よって、プロゲステロンはお肌の状態を不安定にさせるホルモンということになります。逆にお肌の調子を良くするのがエストロゲンです。肌がみずみずしくなり、水分量もほどよく整い、肌荒れなどもしにくくなります。では、エストロゲンを補充することで美しい肌を手に入れることができるのでしょうか?

ホルモンのバランスを崩す原因になる

エストロゲンを治療目的ではなく、美容目的で摂取することはやはりおすすめできません。ホルモンは少量の摂取であっても、体のさまざまなバランスを崩す原因になってしまうものです。それぐらい繊細なものですから、美容のためといって、ホルモン剤を摂取することはやめておきましょう。自然に分泌されるはずのホルモンを人工的に摂取してしまうことで、自然に分泌されるホルモン量が減ってしまい、その影響でホルモンのバランスが崩れてしまい、さらに肌荒れなどの美容に関する悪影響が出てくることも考えられます。やはりアンチエイジングを考えるのでしたら、自然なホルモンバランスを整えるような、規則正しい食事と生活を心がける方が近道なのです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »