ホルモン剤は生理に影響する?

ホルモン剤は女性の身体に大きく影響する?生理への影響も多い? - ホルモン剤が使われる症状とは

ホルモン剤が使われる症状とは

ホルモン剤は、女性の身体への影響がさまざま考えられるお薬です。できるだけホルモン剤は飲みたくない!ホルモン剤を飲むことに抵抗がある女性は多いのではないでしょうか。ホルモン剤への不安を少なくするためには、ホルモン剤について知っておくことが大切です。治療のためにホルモン剤が使用される疾患や症状について知っておきましょう。

生理の問題を抱えたとき

生理不順の問題を抱えている方の治療にはホルモン剤を処方される場合が多くあります。生理の不調の原因は、まずホルモンバランスの崩れが大きく影響しています。大変デリケートにできている女性の身体は、大きなストレスを抱えているときなどに、ホルモンバランスを崩してしまうことが多くあります。大きな悩み事があるときに生理が来なくなってしまうといった経験がある女性も多いのではないでしょうか。ホルモンをバランスを整えるための治療をしなければいけないため、そういった症状ではホルモン剤を処方される場合が多いのです。

不妊の問題を抱えているとき

不妊治療ではホルモン剤を処方される場合が多いです。不妊の原因により、さまざまなホルモン剤が使われますが、多くの場合は卵を育てるホルモン、受精卵が着床しやすい環境をつくるためのホルモンなど、薬を数種類処方されて、時期によって飲む薬を変える治療が多いです。ホルモン剤の副作用を感じている方にとっては、飲み続けるだけでも大変なストレスを抱えることになります。それでも妊娠するまでは続ける必要があるといったことで心の中で葛藤を抱えながら飲み続けなければいけません。体への影響だけではなく、不妊治療を続ける方には心のケアも大切なのです。

更年期障害の治療

更年期になった方の場合は、ホルモンを補充する治療が行われることがあります。足りなくなったホルモンを補充するので、不快なさまざまな症状が緩和するといったことが期待できる治療です。中には副作用が現れる方もいらっしゃいますが、更年期障害のホルモン治療は劇的に改善した、といった方が多いようです。

関連する記事

次の記事: を読む »