ホルモン剤は生理に影響する?

ホルモン剤は女性の身体に大きく影響する?生理への影響も多い? - ホルモン剤で太るってホント?

ホルモン剤で太るってホント?

生理不順や不妊治療など、女性はホルモン剤を服用する機会が案外多いものです。ホルモン剤を服用している人から良く聞こえてくるのが、ホルモン剤を飲み始めたら太った、という話し。ホルモン剤の影響で太ることはあるのでしょうか?

太ってしまう女性は多い

ホルモン剤の影響で太ってしまう女性は、やはり多いようです。薬の影響で、黄体ホルモンの補充などの治療を行っている場合は特に出やすいようで、身体が水分を溜め込んでしまいむくみやすくなってしまうことが原因だと言われています。もともと、女性の体が黄体期などの生理前にそういった症状になることは覚えがある方が多いと思います。その状態を人工的に作っているわけですから、太りやすくなってしまう理由も納得できるのではないでしょうか。また食欲の増加も引き起こす場合もあります。生理前は甘いものが食べたくなる、という女性は多いですが、それと同じ状態が起こっているのですから、やはり食欲が増加してしまい、太ってしまうことがあるのです。

ホルモン剤の影響だけではないかも?

ホルモン剤には水分を溜め込んでしまったり、食欲を増加させてしまう副作用があるものもありますが、あまりにも体重が増えてしまった原因は、薬の影響だけではないのかもしれません。食欲が増加するとは言っても、薬の影響で10キロ以上も体重増加してしまうことは、ほとんどないといえます。あまりにも体重が急激に増加してしまうのでしたら、それは薬の影響だけではなく、生活習慣の乱れなどが原因なのかもしれません。薬の影響だけを考えるのではなく、もし太ってしまったのでしたら、自分の食生活をもう一度見直してみる必要があるのかもしれません。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »